スポーツをやられている方は、競技大会で表彰される、ましてはや優勝というのはあこがれでるものではないでしょうか。そのあこがれの象徴ともいうべきトロフィーは、主催者側で豪華で威厳のあるものを選ぶよう心がける方が多いと思います。子供でも持てる小さいものから、持ちきれないほど大きいものまでサイズが様々にあります。中には1メートル以上もあるものもあり、受賞者の栄誉を称えるのに十分な存在感があります。そしてスポーツの競技ごとにトップにある人形を代えられるタイプのものもあります。もちろん文字を入れられるスペースとしてプレートも用意されていますので、届いたその日に使用可能なのです。プレートには好きな文字が無料で入れられる業者がほとんどなので、各種競技に使用可能です。素材にも様々なものがあり、競技をモチーフとしたメダルをはめ込むタイプのものや、ガラス製や、クリスタルに文字を入れるタイプや、競技を模ったブロンズ製などがあります。これら作品の芸術性がにじみ出るものは、競技で勝つ喜びと共に、よい記念として長く飾られることでしょう。優勝者が次の競技大会が開催されるまで手元におくことができる、持ち回りのトロフィーが使われることもありますが、その際にはペナントに優勝者が書かれ、ずっと付けられる栄誉が与えられるのです。素晴らしいトロフィーで競技を一層盛り上げましょう。

優勝トロフィーを持ち帰り世界一の称号を手に入れたスポーツ

女子サッカーが一番権威のある世界大会で優勝し、一躍注目を浴びた。それまでは男子サッカーに比べ目立つことはなく、人気があるとは言えない競技であった。しかし、多くの下馬評を裏切り、優勝候補や連敗が続いていた対戦相手をなぎ倒し、世界一のトロフィーと称号を手に入れたのだ。一夜にして状況が一変した。その後はメディアでも取り上げることも多くなり、人気選手がコマーシャル等に出演することが当たり前となった。男子サッカーと並び人気スポーツして国民に広く認識されている。勝負の世界である。やはり強いスポーツは人気が高くなる。まして世界一となり日本に優勝トロフィーを持ち帰ってきたのだ。さらなる期待を選手に寄せるのは当たり前のことである。女子サッカーの活躍で男子サッカーも負けてはいられない。規模は違うが男子より人気がなかった女子サッカーが世界一になったのだ。男子は世界最高峰の大会で決勝リーグには進むがそこから先にはまだ勝ちあがけていない。高いハードルであるが乗り越えなければ人気停滞へと落ち込む可能性もある。応援するにわかファンは移り気である。いつでも成績に期待を持たせる位置を保持しておかなければ見向きもしなくなってしまう。勝ち負けですべてが決まる非情な世界ではあるがそれがスポーツにおける勝負の醍醐味となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*