スマホカバーの選び方を教えます

スマホのカバーは、バンパー、ソフト、ハード、手帳型の4種類に形状に大別されます。この中で、最適なものを選ぶため、それぞれの特徴を整理してみます。まず、バンパーは背面にカバーがありません。側面だけを保護するタイプのケースです。それ以外のケースでは背面も保護します。本体のデザインを生かせ、背面を覆わないため、熱暴走しにくいことも特徴です。ソフトケースでは、装着時に本体に傷をつけにくい反面、熱はこもりやすくなっています。ハードケースではデザインの選択肢が多く、安価なものも少なくありません。ソフトケースやハードケースでは、背面に鏡やカード類の収納スペースが設けられているタイプもあります。手帳型となれば、画面側も保護できるため落下で画面が割れるリスクが減らせます。加えて、スタンドとして使えるものも多く、カード類の収納ポケットも他の形状のものに比べて多い傾向があります。

素材ごとの特徴も参考にしてみよう

素材に注目してみると、大半のスマホのカバーが4つの素材のうちどれかが使われています。柔らかい順に紹介すると、シリコン、TPU、PC、アルミニウムです。シリコン素材の特徴は、ザラザラした表面と柔らかさです。手汗で滑りにくいため落としにくく、仮に落としてもケースや本体の覆われている部分が割れることはまずありません。TPUとは、熱で加工するプラスチックの一種です。正式には熱可塑性ポリウレタンと呼ばれるもので、シリコンより硬めで薄く軽い、それでいてツルツルとツヤのある素材が特徴です。シリコンほどではないものの柔らかいため、装着でスマホを傷つけにくいメリットもあります。PCはポリカーボネートを指し、ハードケースに使われます。薄く安価で、豊富なデザインの中から選ぶことができます。アルミニウムは見た目にすっきりして見え、衝撃にも強く、経年劣化しにくいことが特徴です。

目的で選ぶスマホのカバーは素材と形状がポイント

スマホのカバーを選ぶとき、素材と形状を目的に合わせて見ておくことがポイントです。たとえば、できるだけ本体デザインを生かし、すっきりした見た目にする目的であればアルミ素材のパンバータイプが選択肢に入ります。よく落とすことがあり、カード類を複数持ち歩きたいと考えれば手帳型が視野に入ってきます。手帳型では、見た目にこだわるかどうかも選び方に影響します。こだわりがなければ内部でスマホ本体を装着する素材も確認しましょう。主にTPUやPCが使われています。PCはTPUよりも装着の難易度がやや高くなります。ただし、多くの手帳型ケースではPCが使われており、TPUが使われるのは少数派です。PCはよくケースを変える人や豊富なデザインの中から選びたい、オリジナルのケースが欲しい場合に選ばれます。